十小写真NEWS

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:特別活動
胸がいっぱいになった委員会活動

こんにちは。保健室の先生です。

先週、第1回保健委員会がありました。


2学期になり、ようやく始まった委員会。
学級担任でない私が、保健室以外の場で、年間を通じて子供たちと一緒に活動できる唯一の場が、保健委員会の活動です。
子供たちに負けないくらい、楽しみで、ワクワクしてしまいました。




第1回の委員会では、役割決めをしました。


何人もの6年生が、委員長や副委員長に立候補してくれました。

5年生も、2名が副委員長に立候補してくれました。

副委員長になれなかった5年生のAさん。悔しい気持ちが溢れ、みんなの前で声をあげて泣きました。
 

Aさんに「泣き止む必要はないよ。今の悔しい気持ちを大事にして、気の済むまで泣こう。」と伝えました。
すると、もっともっと声をあげて、ぼろぼろ泣きました。

委員長になれなかった6年生のBさんは、目を潤ませながら、泣かないように、必死に堪えていました。




役職が決まった後、「保健委員会は、なぜ必要?」ということを、みんなで考えました。

目的意識をもって、委員会活動に臨んでほしかったからです。

「十小のみんなが健康でいられなくなっちゃう。」
「心が健康じゃなかったら、なにをするにも楽しくない。」

 

保健委員会の活動内容である、「健康を守る」ということは、生活のすべての土台になる、ということに、みんなが気づいてくれました。


そして、
・自分からすすんで行動する力
・みんなと協力する力
を、一人一人が身に付けられるような保健委員会にしていきたい、という私の気持ちを伝えました。


 

「この2つの力が、今より身に付いたとしたら、どんな場で生かせるかな?」と尋ねました。
 

「授業で、積極的に発言できるようになる。」
「行事で活躍できる。」
「将来も役に立つ。」

素敵な意見がたくさん出ました。


そして、保健委員会のテーマ決めをしました。まずは、入れたいキーワードを出し合い、そのキーワードをもとに、子供たちがテーマを決めました。

 




「一人一人が頼られる存在として活動し、健康で笑顔あふれる十小をつくる。」
になりました。

このテーマに決まったとき、子供たちが委員会活動の意義を理解してくれているんだな、と感じてうれしくなりました。



委員会活動は、教科書もなければ、これをしなければいけない、というルールもありません。
子供たち自身が、十小のためになにができるか考え、計画し、実行していく活動です。

 

そして、その活動をしながら、「自分は役に立てている存在だなぁ」「自分は頑張っているなぁ」と感じて、成長していくための活動です。
 

テーマのような、素敵な保健委員会を子供たちが創っていけるように、陰で私も頑張ります。



委員会が終わった後、委員長になれなかった6年生のBさんが、5年生のAさんのもとに駆け寄り、背中を撫でていました。
その姿を見て、泣きそうになりました。



次の日、「先生、見て!先生のコメントを書くところもあるから、書いてください!」と言いながら、Bさんが保健室に1冊のノートを持ってきました。
前日の委員会について、自分なりにまとめていました。

そして、感想が書かれていました。(写真を載せることは、本人に了解を得ました。)

 



「私は、委員長になりたかったけど、○○さんが委員長になっちゃったけど、私てきには、だれがなっても、保健委員会をひっぱってくれる!と思いました。

それでも○○さん中心で、6年生が5年生をひっぱっていければな!と思います。

なので、5,6年生で協力して、十小、みんなの健康を守っていきたいです。

みんなを笑顔に。」

 

 

何度も何度も読みました。

Bさんの昨日の姿を思い浮かべながら、コメントを書きました。


まだ始まったばかりの保健委員会。
胸がいっぱいになり、長々とブログを書いてしまいました。



いいスタートがきれたなぁ。


 

公開日:2020年09月07日 13:00:00
更新日:2020年09月07日 14:23:03

カテゴリ:特別活動
十小の健康守り隊(JKM)発足!

保健室の先生です。

先週から、6年生の何人かが、素晴らしい活動をしてくれています。

 

 

その名は・・・

「JKM(十小の 健康 守り隊)」です!

 

 

 

 

昨年度までは、保健委員会の子供たちが、石けん補充や水質検査を毎日してくれていました。

しかし、今年度は委員会が始まっていないため、「私1人でやらなくちゃいけないな・・・」と思っていました。

 

そんな時、昨年度保健委員をしてくれていた一人の児童が、私のところに来て言いました。

「6年生が手伝える、保健室の仕事はありますか?」

 

 

昨年度の経験を生かし、「6年生として、十小のために何かできないか」と考えてくれたことに、心から感動しました。

 

 

 

各クラス数名ずつ、JKMの活動をしてくれています。

「この日に必ず来てね」などの声かけはしていません。

それでも、自主的に保健室にきて、活動をしてくれています。

 

 

 

 

 

今週は、私から仕事をお願いしています。

来週からは、JKMの子供たちが、「十小の健康のためにできること」を自ら考え、行動します。頼もしいです。

 

 

 

 

心理学において、学童期(小学生の時期)に、

1 勤勉性(自分で自分の課題に挑戦し、それを成し遂げること)

2 帰属感(自分は集団の一員だ、と思えること)

を得ることが大切といわれています。

 

 

JKMの活動は、子供たちが自らこの2つを得ようとしている活動だな、と思います。

 

 

子供たちの自ら考え活動する姿をみていると、「保健室の先生をしていてよかったな。」という気持ちが不思議と湧いてきます。

 

これからも、保健室から、子供たちの成長を見守り、背中を押していきます。

 

公開日:2020年06月16日 18:00:00
更新日:2020年06月16日 19:17:00

カテゴリ:2年生
2年生6月12日(金)算数プリント

2年生6月12日(金)の算数課題です。

配布されていないクラスは、こちらをお使いください。

6月12日(金)算数「長さ」プリント

 

公開日:2020年06月11日 08:00:00
更新日:2020年06月11日 09:01:13

カテゴリ:4年生
4年生 Bグループ 

4年生 6月8日から12日のBグループの予定です。

公開日:2020年06月04日 14:00:00
更新日:2020年06月05日 07:24:54

カテゴリ:5年生
今日の5年生

分散登校が月曜日から始まりました。5年生の子供たちも、元気に登校してきています。

十小には「十小スタンダード」という、約束があります。

その中の1つに、「かかとピタッ」があります。かかとをそろえて上履きや外履きをきれいにしまい、整理整頓の力を高めていくための約束です。

 

今日の5年生のくつ箱を見てみました。

何も言わなくても、「かかとピタッ」ができていました。素晴らしいですね。

高学年として、たくさんの場面で学校の役に立てるようがんばっていきます。

公開日:2020年06月03日 15:00:00
更新日:2020年06月03日 16:34:50

カテゴリ:4年生
4年生 算数 6月2日の解答です。

4年生 算数 6月2日の算数の解答です。

これを見ながら、〇付けをして、3日(水)に提出してください。

公開日:2020年06月01日 18:00:00
更新日:2020年06月01日 19:04:01

カテゴリ:先生たち
理科室便り4 ~大空へ~

十小のみなさん

こんにちは。暑くなりましたね。

さて、理科室便りで登場してきた

モンシロチョウ。

覚えていますか。

前回幼虫でしたが

このように

 

 

 

さなぎとなりました。

よく観察すると

羽の色がすけて見えますね。

さなぎになって約1週間後

ついに、

今日、

無事に羽化しました!

とてもきれいです。

羽がまっすぐにのびるまで待ってから、

夕方に十小の校庭から大空へと

はなしたいと思います。

きっと、また十小にやってきて

くれるかもしれませんね。

 

このように、

小さなたまごから幼虫が孵化し

幼虫はキャベツの葉をたくさん食べて

大きくなり、

やがてさなぎへと形を変え、

最後は成虫に育ちます。

そして成虫のメスはたまごをうんで

また命が受け継がれていきます。

 

1つのたまごから

たくさんの気付きや感動を

もらうことができました。

ありがとうの気持ちを込めて

今日、モンシロチョウを

大空へ はなしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

公開日:2020年05月12日 10:00:00
更新日:2020年05月12日 13:27:24

カテゴリ:先生たち
理科室便り3

十小のみなさん

こんにちは。

今日から五月。

ずいぶん暖かくなりましたね。

 

みなさん、先生が4月にヒョウタンのたねを

まいたことを覚えていますか。

5月1日現在のヒョウタンは

どうなっていると思いますか。

今、ヒョウタンは、、、、、。

 

まだ、めが出ていませんでした。

これからも、水やりをしていきますね。

 

さて、もうひとつ

モンシロチョウの幼虫のようすをお伝えします。

モンシロチョウ幼虫は、毎日毎日

キャベツの葉をたくさん食べてすくすく

大きくなりました。

さて、プラスチックケースの中から

幼虫を見つけてみてください。

二匹、見つけられたでしょうか。

もっと大きくして見てみましょう。

虫めがねを使います。

前回は体長5ミリメートルでしたが、このように

今では3センチメートルにまで大きくなったのです。

先生はキャベツの葉をどのように食べているのか

知りたくなりました。そこで、双眼実体顕微鏡で

頭の部分を拡大してみました。

かわいいですね。

これからこの幼虫はどのように成長するのでしょうか。

予想してみてくださいね。

 

5月に入り、気温が高くなってきました。

一ヶ月前とは、景色が変わってきて

目にする植物も昆虫などの動物も

変化しています。可能であれば、

ぜひその変化も発見してみてくださいね。

 

公開日:2020年05月01日 14:00:00
更新日:2020年05月01日 15:15:50

カテゴリ:先生たち
心地よい場所

十小の皆さん、こんにちは。

保健室の先生です。

 

 

皆さんは、保健室のベッドで寝たことがありますか?

昨年度、保健室のベッドで休養した児童は、のべ312人でした。

毎日、誰かが休養していたということになります。

 

 

保健室にある布団や毛布などは、洗濯機で洗うことができないため、

学期に1回、布団乾燥の業者の方にお願いをして、綺麗にしていただいています。

業者さんから布団が戻ってきてから、ベッドに積み上げたままになっていたので、ベッドメーキングをしました。

 

 

 

綺麗になったので、寝転んでみたくなり・・・

 

 

寝転んでみました。

(一瞬なので、許してください。)

 

そして、「自分が体調が悪い子供だったら・・・」と想像してみました。

 

「授業に出ずに寝るなんて、不安だな・・・」

「学校で寝るなんて、ちょっと特別な気分だ・・・」

といった気持ちになるのだろうな、と思いました。

 

私は子供の時から頭痛持ちなので、よく中学校や高校の保健室のベッドで休養していました。

なんだかいつもそわそわして、結局いつも眠れなかったことを思い出しました。

 

 

そして、寝転んでみて、やりたくなったことがあります。

 

 

ベッドに寝転んだときに見える白い壁に、「元気になるような絵や、健康に関する豆知識ポスターを貼る」ということです。

不安な気持ちでベッドに寝転んだとき、心が元気になるような壁になったらいいな、と思いました。

 

学校が再開したら、保健委員会の子供たちなどと一緒に、作成したいと思います。

 

家の中にいると、やりたいことがどんどん浮かんできます。

友達や家族と遊びに行きたい・・・

旅行に出かけたい・・・

十小の子供たちと歌を歌いたい・・・

 

やりたいことが、山ほどあります。

当たり前の日常が戻ったらやりたいことが、皆さんにもたくさんあるはず。

 

どうしようもなくイライラしたり、つらい気持ちになったりした時は、

深呼吸をして、ベッドや布団の中で目を閉じてみよう。

 

目を閉じるだけでも、心が安まります。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

公開日:2020年04月22日 14:00:00
更新日:2020年04月22日 15:06:03

カテゴリ:先生たち
理科室だより2

先週17日に採取したキャベツの葉にはあるものがついていました。

キャベツの葉には、何がついているでしょうか。

 

 

・・・よく見えませんね。

そこで、小さな物を大きくして見ることができるものが

理科室にあるのです。

虫めがね

顕微鏡

とありますが、今回は

そう、これ

双眼実体顕微鏡です。

双眼実体顕微鏡のよいところは、

厚みのあるものを拡大してみることができるのです。

便利ですね。

では、キャベツの葉についている物をみてみましょう。

 

 

 

 

そう、モンシロチョウの幼虫です。

たまごから孵化して2日目の幼虫です。

もっと拡大してみましょう。

 

 

きれいですね。

よくみると、半分黄色で半分緑色をしています。

たまごからかえったばかりの幼虫は、黄色なのですが、

キャベツの葉を食べ始めると、キャベツの葉の色に変化していくのです。

この幼虫は、これからたくさんのキャベツの葉を食べて

緑色になり大きくなっていきます。

 

みなさん、このモンシロチョウが成虫になるのを楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

 

公開日:2020年04月21日 11:00:00
更新日:2020年04月21日 12:18:01