十小写真NEWS

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:特別活動
保健委員会 集会

12月19日の朝に、保健委員会の集会がありました。

十小の子供たちに風邪をばらまきに、「ボンバーズ」がやってきました。

ファイヤーくんたちが出すクイズに答えて、

正しい風邪予防の知識を身につけ、ボンバーズを撃退します。

 

クイズに答えるごとに、ボンバーズが弱っていきます。

演技も上手です。

 

無事、撃退できました。良かったですね。

 

劇の中には、見る人が楽しめる工夫がたくさんありました。

保健委員会の子供たち、よく頑張りましたね!

 

風邪も胃腸炎も予防するためには、

石けんで手を洗った後に、アルコール消毒もすることが大切だそうです。

ウイルスに負けぬよう、頑張りましょう!

公開日:2019年12月19日 11:00:00
更新日:2019年12月19日 13:08:17

カテゴリ:特別活動
「イングリッシュウィーク」を行いました!

 6月17日から21日まで、英語委員会が「イングリッシュウィーク」を行いました。

 主な活動は、

1 朝の放送の挨拶を、英語で毎日行う。

2 給食の時間の放送で、献立の紹介やジャンケンを英語で毎日行う。

3 20日と21日に、絵本を英語で読み聞かせする。

の3つでした。

 21日はイングリッシュウィーク最終日ということで、読み聞かせにたくさんの児童が集まりました。

 

 読み聞かせを一度に聞けなかったので、アンコールでもう1回行いました。

 

 十小の児童が英語を好きになるように、今後も様々な活動を取り組んでいきます。

公開日:2019年06月21日 16:00:00
更新日:2019年07月01日 15:49:06

カテゴリ:特別活動
特別活動通信~たてわり班活動編~ vol.02

6月13日(木)、第2回のたてわり班活動がありました。

今回から本格的に6年生主導の遊びが始まりました。6年生は今日の日のために、準備を進めてきました。早いクラスは前回の活動の後すぐに動き出していました。

めあては「自分たちが、たてわり班活動を盛り上げる。」でした。

そのために子供たちは遊びを工夫し、道具を工夫し、下級生のために心を配っていました。

6年生の良さはここにあると思います。とにかく下級生への気遣いが素晴らしいです。

話すときに低学年の目線に合わせて話す子、危なそうなものをすぐにわきに寄せる子、ドッジボールで一緒に遊びながらも全体を見て、下級生も楽しませてあげる子など、すてきな姿がたくさん見られました。

遊びの中で、特に工夫しているなと思う班がありました。

その班は「宝探しゲーム」をしていました。時間の制限があるので、ゲームが終わった座らせなければなりません。そこでこの班は、「タイマーが鳴ったらいす取りゲームだよ!」と、座らせること自体をゲームにしてしまっていました

。どこまでもみんなを楽しませようとする、素晴らしい工夫でした。

次回の活動は時間が空きますが2学期になります。時間はたっぷりありますので、今回よりももっと楽しい遊びを企画してほしいと思います。

 

たてわり班 君が笑えば みな笑う

公開日:2019年06月14日 18:00:00

カテゴリ:特別活動
特別活動通信~たてわり班活動編~ vol.01

5月23日(木)に、今年度初めてのたてわり班活動がありました。

たてわり班活動とは、1~6年生で1つのグループを作り、異学年同士で楽しく遊ぶ活動のことです。

リーダーは6年生です。活動を計画し、実行するまですべて彼らが中心になって取り組んでいきます。

6年生は名簿を作り、計画表を作り、練習をし、今日に備えてきました。

そうして迎えた今日、リーダーたちは楽しみ半分不安分といった顔で教室を出て行きました。

今日の活動は自己紹介。自分の名前だけでなく、好きなものを発表してもらうなど、各班とも工夫をしていました。

  

中には、フルーツバスケットやじゃんけんゲームを利用した自己紹介ゲームを考えている班もあり、その発想力に驚かされました。

1~5年生もみんな笑顔で、楽しい時間を過ごすことができました。

帰ってきた6年生に話を聞くと、

「大変だったけど楽しかった。」

「緊張しすぎてかたくなってしまった。」

と、話していました。よい経験になったようです。

うまくいったこと、うまくいかなかったこともあったと思いますが、すべてが彼らの力になっていきます。次回も頑張りましょう!

 

年を越え 笑顔で楽しむ たてわり班

公開日:2019年05月23日 17:00:00
更新日:2019年05月27日 16:22:05

カテゴリ:特別活動
特別活動通信13 (クラブ活動編)

更なる自主的な子供たちを育成するために、今年はクラブ活動も大きく改革をしました。


子供たちが活動の内容を計画し、実行することができるようクラブの部長が活動計画書に活動内容を考え、


担当の先生に承認をもらい、クラブ活動をむかえるという形になりました。


また、1年のクラブ活動の成果を披露するクラブ発表会を1月31日に計画しております。


今日のクラブ活動では、クラブ発表に向けて、話し合ったり、準備を進めていました。

演劇クラブ

今年新設された新しいクラブです。そしてクラブ発表会のトリをつとめます。

発表に向けて、子供も先生も気合いがはいった練習をしていました。期待しています。

家庭科クラブ

トースターを利用したアイデア溢れる発表を企画しているようです。6年生が中心となって話し合っていました。

科学クラブ

舞台を巧みにつかって、大がかりな発表を企画しているようです。

みんなで話し合って何かをつくっていました。

 

十小で初めての取り組みなので、どんな発表会になるか期待と不安な気持ちです。

ただ、準備の段階で子供たちがすごく前向きなことと、担当の先生と上手に関わっている姿を見ると、

きっとうまくいくのだろうなと思います。

発表会がスムーズにいいものになるよう私たち教師もしっかりと準備を進めていきます。

 

ここで一句。

「初めてが 積み重なって 伝統へ」

公開日:2018年11月22日 17:00:00
更新日:2018年12月04日 17:59:30

カテゴリ:特別活動
特別活動通信12号 

運動会は、各委員会での様々な取り組みを行いました。運動会の実施にあたり、自分たちも関わったことが

子供たちの更なるやる気を引き出し、素晴らしい運動会となりました。

来月の11月16日には、展覧会があります。展覧会も各委員会で盛り上げ、みんなで素晴らしい展覧会をつくって

いきたいと思います。

先日、代表者会を開きました。今回の検討事項は、

「日本一の展覧会をみんなでつくろう」です。

各委員会で検討してもらいました。決まったことを代表者会で発表してもらい、各委員会でやることの調整を

図工の先生と相談し、決定しました。

集会委員会

・美術クイズ集会

・展覧会文字探し

生活委員会

・体育館の入り口の装飾と展覧会告知用の旗の作成

放送委員会

・放送委員会による作品製作、展示

・顔出しパネルの作成

美化・栽培委員会

・体育館の入り口の装飾

・展覧会に関係するものの掃除

図書委員会

・本に関係するぬりえの作成、及び展示

英語委員会

・体育館から家庭科室への経路を英語で示す

・体育館内に英語の音楽を流す

体育委員会

・体育委員会のロゴマークの作成、及び展示

給食委員会

・展覧会会場に折り紙コーナーの設置

代表委員会

・作品展示図、見所パンフレット作成

・ナイト展覧会用の入り口のライトの装飾

子供たちの発想は、大人では思いつかないアイデアがたくさんです。それぞれの委員会の特徴がいかされていることが

とても素晴らしいです。是非、実現するために、子供と教員がうまく関わっていけるといいなと思います。

今年から、学校行事をすべての委員会で盛り上げていくということに挑戦していますが、大きな変化があるなと感じています。

それは、子供も私たち教員も一つのことに関わることで当事者意識が生まれ、やる気を引き出しているなと感じています。

誰かが頑張るのではなく、みんなで一つのことに向かって頑張る。それが学校の良さだと思います。

展覧会主担当の先生は「日本一の展覧会をつくる」という思いをもって取り組んでいます。

それを私たち教員と子供たちとで、その思いを実現させたいなと思っています。

「その思い みんなの力で 叶えよう」

 

 

公開日:2018年10月25日 18:00:00
更新日:2018年10月26日 08:22:30

カテゴリ:特別活動
特別活動通信 11号(委員会、学校行事編)

運動会が徐々に近づいてきました。

先月、委員会の代表者会で「史上最高の運動会にするために」というテーマで各委員会に検討してもらいました。

子供たちが考えたアイデアが運動会に向けて実現されています。

今日は英語委員会が英語の集会と運動会をうまく絡めた集会をしました。

この集会は、素晴らしい集会でした。

・子供たちのアイデアが生かされた集会であったこと。

・子供たちの個性が発揮できる役割分担となっていたこと

・生き生きとした表情で子供たちが集会の運営をしていたこと。

本校の研究でもある「英語」と「運動会」について効果的に意識付けがされた集会でした。

きっと子供たちと先生が良い「かかわり」をしながら準備を進めたのだと思います。

こういう素晴らしい集会が学校全体の活気につながっていくのだと思います。

 

また、運動会の係活動では、音楽係と応援団の朝練習が始まりました。

音楽室から子供たちの奏でる気持ちの良い音楽が流れています。

運動会では、きっと素晴らしい音楽が運動会に華を添えてくれるでしょう。

 

視聴覚室からは、応援団の気合いのはいった声が聞こえます。

今年の応援団は、運動会でみんなを明るく照らす太陽のような存在になりたいという子供たちの声から

「太陽の応援団」を目指すことになりました。

子供たちの純粋な気持ちから生まれた素晴らしい目標ですよね。

「歴史に残る応援をしたい」「誰からもかっこいいと思われたい」「盛り上げたい」「運動会を大成功に導く」

こんな素敵な思いをたくさんもった子たちが集まりました。

今日の朝練習は、去年から始まった応援団の出し物の「十小演舞」の練習をしています。

嬉しいことに去年の「十小演舞」が格好良くて、今年応援団に入ったという子が多くいました。

こうやって歴史や伝統はつくられるのかもしれませんね。

一生懸命な先生の指導に、一生懸命な子供たちがついていく姿に、今年の応援団もきっと素晴らしいものになると

感じました。

 

「こどもたち かがやくえがお 太陽だ」

 

公開日:2018年09月20日 20:00:00

カテゴリ:特別活動
英語集会

「グッドモーニング!」

「グッドモーニング!!!」

英語の挨拶で、集会が始まりました。

そう、9月20日(木)の集会は、英語委員会による英語集会でした。

英語委員会は、十小の子供たちがもっと英語に親しむことができるよう、

今年新設された委員会です。

日々の活動に加え、今日の集会へ向け、頑張って準備をしてきました。

 

「フレー!フレー!レッド!」

「フレッフレッレッド!!」

始めは、運動会の応援の英語バージョンです。英語だと新鮮です。

 

「幕の裏では、何人の人が組み体操をしているでしょうか?」

「フォー!」「スリー!」「ファイブ!」

続いては幕の裏に何人いるか、英語で答えるクイズです。

 

最後は、各クラスの代表による玉入れです。

何個入っていたか、英語で数えました。

 

十小のみんなが、英語を使って楽しむことができました。

英語委員会のみなさん、よく頑張りましたね。

 

また、集会委員会の子供の司会も、とても面白い司会でした。

2人にも、拍手!

公開日:2018年09月20日 13:00:00
更新日:2018年09月20日 20:53:19

カテゴリ:特別活動
特別活動通信 10 (委員会、学校行事編)

2学期が始まりました。日数が一番長く、学校行事が盛りだくさんな学期です。

子供たちを中心に学校行事を盛り上げ、誰にとっても最高な2学期にしたいですね。

代表者会を開きました。次回の委員会活動の検討事項について伝え、事前案を考えました。

テーマは「史上最高の運動会にするために、何ができるか」です。志が高く、いいですね。

出席する子供たちも慣れてきたようで、話し合い活動がスムーズです。

1学期の活動が生かされているのを感じます。

どのような取り組みを考えるのか、次回の代表者会での報告が楽しみです。

 

さて、10月の学校行事である、「運動会」に向けて、各クラスで準備が始まっています。

5年生のクラスでは、運動会の係分担について話し合っています。

音楽担当の希望者が多数いて、どのように決めようか子供たち同士で、話し合っています。

音楽係に対する自分の意気込みを伝え、クラスの友達にふさわしい人を選んでもらうことになりました。

「去年の運動会の行進の時の音楽がすごくかっこよくて、わたしも音楽を奏でてみたい」

「去年の音楽係がすごくかっこよかったから、私もそうなりたい。」

なんて素敵な理由でしょうか。思いを伝えた後、廊下にでて祈りながら結果を待っていました。

「許されるのであれば、全員に音楽係にさせてあげたい」そんな気持ちで見守っていました。

別の5年生のクラスでも運動会の係を決めています。廊下で3人の女の子が応援団をどのように決めるかについて

話し合っています。誰も「引きたくない」ので、困っていました。その強い意志が素晴らしいですね。

どんな決め方があるのか複数教え、「3人が納得する決め方を選ぶんだよ。」とアドバイスしました。

その後、5年生の担任からこう言われました。

「オーディションをし、応援団の担当の先生に決めてほしいのでお願いできますか。」

3人が納得するのであれば、喜んで協力します。

昼休みに視聴覚室でオーディションをしました。

先生「なんで応援団がやりたいの??」

子供「去年応援団をやってみて、大変だったけど、本気でがんばってやり終わった後、気持ちがスカッとして

    それがすごく気持ちよかったからです。」

子供「去年全力で応援をして、みんなが協力してくれるのが嬉しかったし、すごく楽しかったからです。」

子供「4年生の時に、やりたかったけれどできなかった。去年の応援団を見て、やっぱりかっこいいと思ったからです。」

これを聞いた時点で全員に「合格」をあげたいくらい素敵な理由です。

応援の掛け声をやってもらい判断する予定でしたが、どの子も表情、声の大きさともに素晴らしいの一言。感動しました。

担任の先生に聞くと、その中の一人は普段からは想像できないくらいの声だったそうです。

選ぶのも辛いですよね。「やりたい」という強い気持ちと頑張った3人の子に心から拍手を送ります。

この二つのクラスを見ていて、子供たちと担任の先生の対応が素晴らしいと感じました。

まず、これがやりたいと意志をもった子供たちです。いままでの経験をふり返り、明確な目的をもっていました。

「思い」をもって運動会に向かおうとしていることを嬉しく思います。

また、担任の先生もそういった子供の思いを大切にし、子供たちが納得できるよう選択を辛抱強く見守ったことも

素晴らしいと思います。強引な決め方をしていたら、子供たちもきっと納得できなかったのではないでしょうか。

 

運動会まで、まだ1ヶ月以上あります。こういった「思い」をもった子が溢れたら、きっと最高で素敵な運動会になるでしょう。

「やりたいと 思う気持ちが たからもの」

 

 

 

公開日:2018年08月31日 16:00:00
更新日:2018年08月31日 18:28:56

カテゴリ:特別活動
特別活動通信 9 委員会編

明日、1学期が終わります。

今年大きく改革した委員会について、総括したいと思います。

1.委員長による代表者会の設立

2.学校の取り組みに対し、各委員会から知恵をだし協力する。

3.子供が参画する委員会活動

この3つを改革の柱にしました。

 まず、「委員長による代表者会」についてです。

毎月、2回行いました。初めは不慣れだった子供たちもこの話し合いに慣れてきました。

他の委員会にお願いをしたり、2つの委員会がコラボレーションしたいなど委員会の横のつながりが

でてきたこと、委員長としての自覚がでてきたことが大きな収穫でした。

ただ、毎月となると計画した内容実行することにすごく準備を要するため、子供たちが忙しくなりすぎてしまいました

代表者会を開催する回数や時期は、再度検討する必要があると感じました。

 

 次に、「学校の取り組みに対し、各委員会から知恵をだし協力する」ことについてです。

各委員会から、様々なアイデアがでました。今まで、決まったことを取り組むことが多かった委員会活動が

その委員会らしい特色がでてきました。

代表委員会の本のリサイクル活動→200冊以上が集まり、学級文庫としてリサイクルされました。

英語委員会の英語の本の読み聞かせ活動→低・中・高学年ごとに英語の本を読み聞かせしました。

それぞれの委員会の特色を活かした多くのアイデアが実現されました。子供たちも自分が考えたことが

実現することができ、満足感と自信をつけたように感じます。

アイデアは何もないところからは生まれにくいです。自分が見たもの、体験したことがアイデアのヒントになり

ます。1~4年生にもアイデアのヒントとなる良いものを残すことができたと感じています。

委員会同士の競争意識が生まれ、さらに活性化することを期待しています。

 最後に「子供が参画する委員会活動」についてです。

去年と大きく違うのは、委員会での先生の立ち位置が変わったことです。先生が真ん中にたっていたのが、

いまは、多くの時間が委員長が真ん中になりました。先生が指示をしていることが多かったのが、先生に相談する

に変わってきました。これは、子供も大人も「子供たち中心」という意識が変わってきた結果だと思います。

これは、大きな収穫です。

 

1学期を終え、まだ様々な課題や改善点はありますが、予想以上の大きな収穫があったと思います。

これも子供たちが目的意識をもって取り組んだ成果だと思います。

この改革が成功かそうではないかは1年を通じて、子供たちの変化の様子、学校の様子を見て判断していきます。

私たちの挑戦はまだ始まったばかりです・・・。頼んだよ。子供たち。

ここで一句。

「だいじなこと 子供も大人も 変わること」

 

 

 

公開日:2018年07月19日 13:00:00
更新日:2018年07月19日 16:29:59