校長あいさつ

ごあいさつ(令和4年度)

                              東大和市立第十小学校

                              校長 澤 﨑 彰 一

 

   私は、十小に着任して5年目となりました。昨年度も、新型コロナウイルスと向き合った1年となりました。何が正解なのかなかなか分からず、判断に迷うことも多々ありましたが、『経験を生かし、今できることを積み上げる』という年度当初に掲げた目標は、最後まで貫くことができました。制約の多い学校生活ではありましたが、子供たちは、状況を理解し、何事にも、楽しみながら前向きに学校生活を送っていました。今年度も、これまで同様、様々感染症対策をとりながらの教育活動となりますが、大切なことは、状況をしっかり把握した上で、子供の健康・安全を第一に、「今できること」を考え、実行していくことだと思っています。なかなか収束の目途が立たず、気が滅入ることもありますが、気持ちを切り替え、前向きに取り組んでいきたいと思います。ピンチはチャンス・・・コロナ禍の今を、学校をより良くする絶好のチャンスと捉え、常に新しい視点で、「今できること」をさらに積み上げていきます。『今できることをさらに積み上げ、次のステップへ』これが、今年度の合言葉です。

 1人1台端末がスタートし、2年目を迎えました。昨年度は、「まずは使ってみよう」から始めましたが、学習が進むにつれて、授業の中に端末があることが当たり前の風景になってきました。しかし、この端末を授業に有効に活かすまでには、まだ至っていません。今年度は、「端末の効果的な活用」が柱となってきます。教員のICTスキルを向上させるとともに、校内研究でICT機器を活用した授業づくりを進めていきます。また、今年度も、学級閉鎖等の措置を取った場合は、オンライン授業を行い、学びを継続できるようにしていきます。

 何事にも教職員一同全力でかかわり、笑顔いっぱい、やる気いっぱいの学校をつくっていきます。保護者・地域の皆様にも、様々お願いすることがあると思います。ご理解・ご協力、よろしくお願いいたします。

                      

令和4年度学校経営方針

令和4年度学校経営方針(概要版)

更新日:2022年04月05日 18:36:01